« 近藤和彦『Substance』 | トップページ | 週末日記(5/24) »

かっちょぇぇっっつ!!クラシックサックス!!

アリア アリア

アーティスト:須川展也
販売元:エイベックス・クラシックス
発売日:2008/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

先日実家の両親から突然連絡があり、このライブに誘われたので、行ってきました。なんと、あの須川展也さんのライブです!普段大きなコンサートホールしか演奏しないというイメージがありましたが、この日は原宿にある小洒落たレストランで観る事が出来ました。PAなどの音響設備無しの完全生音ライブでした。編成はピアノとのDuo!しかも、このプログラムはフランス料理のコースとセットになっているプログラムです。restaurant何とも贅沢な企画でございました。wine

メンバー、及びセットリストは以下の通り。超絶技巧系と朗々と歌い上げる系を織り交ぜた、観るものを飽きさせない内容でございました。この日は、アルトとソプラノの割合を、大体、半分半分位で演奏されてました。

須川展也(as、ss) 小柳美奈子(pf)

1.カッチーニ『アヴェ・マリア』

2.バッハ『半音階的幻想曲』

3.サン=サーンズ『あなたの声に心は開く』(サムソンとデリラより)

4.佐藤聰明『ランサローテ』

5.ミヨー『スカラムーシュ』

6.ジミー・ドーシー『ウードルズ・オブ・ヌードルズ』

【アンコール】

7.ピアソラ『アディオス・ノニーニョ』

8.ピアソラ『リベルタンゴ』

クラシックの人とジャズの人のサックスの吹き方は全然違うというのは頭ではわかってはいますが、こうまで違うとは… とてもいい刺激になりましたね。note

ジャズのサックス奏者でクラシックの小曲を吹く人も最近はチラホラ出てきて、聴いてはいますが、その感じとも全然違います。ジャズ奏者が演るクラシックはやはり「ジャズ的」な色がチラホラ見えます。やっぱ、クラシック一本でやってきてる人の奏法は「クラシック」ですね。年季が違います。fuji

しっかし、須川さんは本当に凄いっ!指捌き一つ見ても、低音部から高音部まで全く穴が無いです。低音部で小指を使う所なんか(要は、低音C♯以下の音使い)、本当に見事に指が動くし、喉も対応できてる。ピッチも全然狂わない。shock

ピアニッシモも息がしっかり入っていて、とても豊かな音色になっています。
ピアニッシモでも音の太さを感じるという所はショッキングでした。ビブラートもクラシックならではの細かいビブラート。shine

『アヴェ・マリア』のような単純なメロディーの曲も演奏しましたが、本当によく歌い上げてます。如何に自分が超いい加減な練習をしていたというのが嫌と言う程、痛感させられましたね。スタンダードのテーマも情感を込め、歌い上げないといけないです。notes

強烈なのは、アンコール前の最後にやった、1940年代のスイングアルトの天才、Jimmy Dorseyの曲をやった所です。凄いっすよ。この人。shock

以下、別の演奏家か演奏した『Oodles of Noodles』。そして、その下が、Jimmy Dorseyご本人による別の曲の演奏。須川さんの映像は貼り付けられませんでした。Jimmy Dorseyは、Charlie Parkerにも影響を与えたお人です。彼らの超絶技巧っぷりをご堪能あれ。spa

|

« 近藤和彦『Substance』 | トップページ | 週末日記(5/24) »

ライブ」カテゴリの記事

コメント

クラシックのジャズなんてあるんですね。

かっこよさそうだ。

投稿: ドラゴンパパ | 2009年5月22日 (金) 08時27分

すてきなコンサート企画!メニューも気になるところです(笑)
須川さんはやはりすごいですよね。
美奈子夫人のピアノだと良さが増幅されるように思います。

こんなバラエティのある曲目だと、吹き分けるのが大変なんじゃないかと思ってしまいます。それをさらっとやってしまうところがまたすごい!

ジャズだクラシックだとこだわらずに良い奏者の音を聴くのって大事なんですね。

投稿: 白熊堂 | 2009年5月23日 (土) 00時28分

★ドラゴンパパさん

この奏者は純然たるクラシック奏者です。coldsweats01

投稿: 邪頭亭 | 2009年5月23日 (土) 01時10分

★白熊堂さん

えっ?美奈子夫人って、あの人達って夫婦だったんですか?coldsweats02

いやー!クラシックサックスのコンサート、開眼しちゃいましたよ。coldsweats01
彦坂眞一郎さんとか、平野正崇さんとか、観に行きたいですね。note

いい奏者の演奏は本当に刺激になりますね。up

投稿: 邪頭亭 | 2009年5月23日 (土) 01時14分

再登場です(^^)v
そう、ご夫婦なんですよね。
以前は須川姓での活動もあったようです。

それからクラシックサックスの祭典?「サクソフォーンフェスティバル」が毎年12月(の忙しい頃!)にこれまた遠いところで行われます。アンサンブル中心ですが業者さんの展示もあり結構面白いです。一度いかがですか?
http://homepage2.nifty.com/jsajsa/festival2009/festival2009.html

投稿: 白熊堂 | 2009年6月18日 (木) 10時03分

★白熊堂さん

ご案内ありがとうございます。これは面白そうですね。
興味ありますねー!up

でも、中高生の演奏もあるみたいですね。若くて上手かったりしたら、凹むかもしれませんね。coldsweats01

投稿: 邪頭亭 | 2009年6月20日 (土) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近藤和彦『Substance』 | トップページ | 週末日記(5/24) »