« 川嶋哲郎 Quartet at 六本木 Alfie(長文です) | トップページ | 久方ぶりのアップデート »

ビッグバンドもいいのぅ!!

コンポジションズ コンポジションズ

アーティスト:村田陽一オーケストラ
販売元:ewe records
発売日:2009/04/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

スタンダーズ スタンダーズ

アーティスト:村田陽一オーケストラ
販売元:ewe records
発売日:2009/04/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

先日購入したCDです。この人のアルバムを聴くのはSolid Brass以来でしたかね。Solid Brassはモロにフュージョン、ファンク路線が強かったですが、これはジャズ&アブストラクト系が混じった感じでしょうか?この二作共、正統派と異端派な部分のバランス感が良くてとても好きなアルバムです。元々、Gil Evans Tributeというコンセプトで結成されたバンドだそうです。notes 村田さんのアレンジもモダン過ぎず、ビッグバンドが結構苦手…という人でも楽しんで聴ける内容のように思います。fuji

『Compositions』は村田さんのオリジナル曲を中心に扱われ、『Standards』はジャズのスタンダードが中心です。(スタンダードと言っても、Charles Mingusや、Ornette Colemen、Charlie Haden等の一癖ある曲ばかりですけどね。Mingusの『Boggie Stop Shuffle』は最高!!happy01

メンバーは、村田さんトロンボーンの他、津上研太(as)、竹野昌邦(ts)、山本拓夫(bs、fl)、奥村晶(tp)、松島啓之(tp)、青木タイセイ(tb)、三好功郎(g)、納浩一(b)、佐野康夫(ds)、岡部洋一(per)、萩原顕彰(hr)、次田心平(tu)と百戦錬磨のツワモノ揃いで、スタジオミュージシャン系、メインストリーム系とフリー系と混在したメンバー構成となってますsign03

皆様もお試しあれ。sun

|

« 川嶋哲郎 Quartet at 六本木 Alfie(長文です) | トップページ | 久方ぶりのアップデート »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

村田陽一さん、知識としてはよく知らないのですが、Sanbornが来日したとき、Blue Noteで聴きました。ソロを吹く場面もあって、ハイテンションでかっこいい演奏でした。

ビッグバンドって、定期的に聴きたくなります。
No Name Horsesの新譜と合わせて、「スタンダーズ」も買ってみますね。
(アフィリエイトのリンクを経由させていただきます)
ご紹介ありがとうございました(^^)/

投稿: うらら | 2009年6月28日 (日) 10時47分

★うららさん

そういえばそうでしたね。Sanborn来日の時にやってましたね。

ちなみに、昔のアルバムで村田陽一Solid Brass名義で『Double Edge』というのがあるのですが、Brecker Bros.の『Some Skunk Funk』を演奏してて、全員がMichael Breckerのオリジナルソロの部分を全員ユニゾンで演奏してるんですよ。是非聴いてみてください。happy01ぶっ飛びますよ。

投稿: 邪頭亭 | 2009年6月28日 (日) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川嶋哲郎 Quartet at 六本木 Alfie(長文です) | トップページ | 久方ぶりのアップデート »