« いい仕事してますねぇ。 | トップページ | ビッグバンドもいいのぅ!! »

川嶋哲郎 Quartet at 六本木 Alfie(長文です)

哀歌/AIKA 哀歌/AIKA

アーティスト:川嶋哲郎カルテット
販売元:エム アンド アイ カンパニー
発売日:2008/11/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

先日久しぶりに行けました念願の川嶋哲郎Quartetのライブ。今年3回目の川嶋さんのライブ。ほとんど追っかけですな。coldsweats011月にも同じ場所で同じバンドを観に行ったのですが、ピアノが少し元気がなかったような演奏だったので、少し不完全燃焼感がありました。coldsweats02今回はアルバム『哀歌』と同様、ピアノに田中信正さんが参加されての白熱のパフォーマンスでした。wave

メンバー、及びセットリストは以下の通り。

川嶋哲郎(ts)、田中信正(p)、安田幸司(b)、菅原高志(ds)

【1st stage】

1.『Vega』

2.『Run way』

3.『Easy Living』

4.超高速循環(keyはわかんない…)

5.『Seven』

【2nd stage】

1.『Mai-Kai?』

2.『You must believe in spring』

3.『I love you too easily』 → なんと、お店に来ていたチカ・シンガーさんが飛び入り!4番の曲も披露してくれました。 

4.『But beautiful』

5.『Maelstorm』

6.アンコール『My one and only love』

この日は、やはりピアノの田中さんが参加したので、高速な選曲が多かったような気がします。1st stage 4番目の循環の曲なんか、超高速循環でした。川嶋さんの恐ろしいぐらいの音の洪水。waveしかも、美しすぎる位の高速タンギング。まるで機械でした。coldsweats01

かと思うと、チカシンガーさんが参加されて、歌伴に徹する曲なんかもとても美しいベースラインを吹いたりしておりました。note

今回はドラムスが菅原高志さんで、この日初めて聴いたのですが、古いスタイルの中にコンテンポラリーな部分もあって、とても聴いていて気持ちいいドラマーでした。今月末に初のリーダー作を発表されるようです。今後の活躍も楽しみな人でしたねー!

この日は以前Hot Houseのライブに行った時に知り合った、テナー吹きのご近所さんと一緒に行きました。この友達が川嶋さんのお弟子さんだそうなので、ライブ後の挨拶がてら、色々サックスとジャズを演奏する事に関して質問ができ、しかも有難いお話をたくさん聞く事が出来ました。Jazz Life誌連載の『わがままサックス哲学』ばりに、とても深いお話が満載でした。notes

例えばセッションに関して… 「セッションに行くなら、自分の中で必ず何らかの結果を残すという明確な目的を持つ必要がある。セッションはそんなに沢山行く必要はない」とか、「セッションでは自分が既に出来ると思った事はするな。その出来る事のプラスアルファを試す場所だ」など。shine

アドリブに関しては、「とにかく、徹底的に基礎を固める事」、「(基礎を固める事を前提に)自分の中で枠を固める事が重要」と仰ってました。

アマチュアと一緒に演奏する機会にいつも感じているそうなのですが、「ジャズ=自由な音楽」という事でとらえ違えていて、あまりにも無茶苦茶な演奏が多すぎると仰ってました。まず、自分の中の基礎的な枠を徹底的に作りこめと。upwardright

あと、川嶋さんがライブでフリージャズの演奏者と競演した時の事で、その時川嶋さんは結構抑え気味なトーンで演奏したんだそうでです。そうしたら、そのライブを観たお客さんに「今日は、フリージャズっぽくピーッ(フラジオね)とやらないの?」と言われたそうです。このお客さんの頭の中には「フリー=ピーッ」となってしまっていて、はたしてそれは「フリーなジャズ」なのか?と思ったそうなのです。

我々アマチュア演奏家は「自由な音楽(アドリブ)=コード・基本を重視しない演奏」としてしまっていて、果たしてそれは本当に自由な音楽なのか?と考えたそうです。基礎を徹底して初めて、他の事ができると強く仰っていました。

そういえば、川嶋さんの演奏は凄く高度な事をやっているのですが、とてもその楽曲のコードや流れに素直に従って吹いてるように感じます。それは、彼の圧倒的な基礎力に裏打ちされたものなのでしょうね。up

最後に結構目からウロコな事を仰ってました。「ビ・バップとはコードやスケールに忠実にソロをとっている時に、逸脱した時に瞬間的に音楽的な修正を行う技」だと仰ってました。我々は逆に「この音を使ってやったら、ブルージーな感じが出る」と考えがちだと思いますが、発想がまるっきり逆だったのが興味深かったですね。演奏する時はその楽曲の進行に忠実であれ!というのが川嶋さんの考え方だそうです。

ライブも去る事ながら、ライブ後のトークもとても刺激的な瞬間でございました。happy01いやー、練習せねば…coldsweats01

|

« いい仕事してますねぇ。 | トップページ | ビッグバンドもいいのぅ!! »

ライブ」カテゴリの記事

コメント

濃い内容ですね-、それにお弟子さん関係と知り合いになられるとプラスアルファがあってうらやましいです。川嶋さんはまじめに話してくれるから良いですよね。邪頭亭さんみたいに演奏力もあるとまたとらえ方が違って実になると思います。

10年以上前、Pit Inn などでは川嶋さんも結構実験的にぴー!なんてやっていたので、だんだんに集約されてくるものがあるんですね。田中さんは一見穏やかそうでいてスゴイものがありますよね。前回のTさんも何回か聴いていますが、若く清新でこれからが楽しみだと思います。

投稿: 白熊堂 | 2009年6月18日 (木) 09時57分

基本って大事なんすね

投稿: ドラゴンパパ | 2009年6月18日 (木) 23時38分

こんにちは〜。
川嶋さんのクリニックを以前聴講した事ありますが、このかたの教え方、というかご自身の発想はホント面白いし目からウロコですよね。
逆転の発想で物事をシンプルに捉え、『ハッ!』とさせられる事ばかりでした。
ライブで直接の教え、良い(うらやましい、笑)時間でしたね!
大変参考になる記事でした。
僕も基礎力と基本に忠実なものをもっと見つめるよう努力してみたくなりました。
まぁ、その基本の事すらまだあまり理解していないというのが今の僕の現状ではあるのですが。。。。(爆)coldsweats01

投稿: missy。 | 2009年6月19日 (金) 03時35分

★白熊堂さん

こんばんは。
そうなんですよー!しかも、そのお弟子さん、うちの近所にお住まいでした。凄く驚きでしたよ。色々教えてもらおうかと思ってます。happy01

田中さんはテナーの人と一緒に演ってる事が多いようですね。井上淑彦さん、音川英二さんとか… 管との相性が良いですよね。note

投稿: 邪頭亭 | 2009年6月20日 (土) 01時11分

★ドラゴンパパさん

こんばんは。基礎は大事ですよ~!ホント。

ところで話は変わりますが、この前竹橋でドラゴンパパさんの所のMさんにバッタリ道端で会いましたよ。coldsweats01

投稿: 邪頭亭 | 2009年6月20日 (土) 01時12分

★missy。さん

基礎を見直す行為ってエンドレスそうですよね。
あれだけ強く川嶋さんも基礎力の事は主張されていたので、大切な事なんでしょうね。

石森のクリニック、またやるみたいですね。今度は是非とも行きたいです。coldsweats01

投稿: 邪頭亭 | 2009年6月20日 (土) 01時15分

ご無沙汰してました。うららです♪
ワオ!なんという濃い記事!しかもそれを、理解して吸収しておられる邪頭亭さんが素晴らしい!

川嶋哲郎さんは、いつもHot Houseでライブ後に
我々「サックス小僧(^^;)」の疑問にいくらでも答えて下さり
いつもその熱い情熱に元気をもらう次第です。それに感化されて、
また(全然レベルが違っていても)練習しようかな、という気になります。
それどころか、仕事も頑張ろうかな、という気になります。

やっぱり、川嶋さんの演奏には、
ハイテンションでいて、毛細血管を張り巡らしたようなピアニストが不可欠なようにおもうのですが、若い人を、真っ白な若いミュージシャンを認めて育てようという川嶋さんの姿勢にも、感服いたしますです。m(_ _)m。


投稿: うらら | 2009年6月20日 (土) 19時10分

こんばんは♪

とても内容の濃い、日記読ませて頂いて感謝です。
アドリブ…と言う戸口に立ったばかりの私には
とても参考になりました♪

私も次回の川嶋さんのクリニック(石森)
行ってみたくなりました。

投稿: anne | 2009年6月20日 (土) 23時18分

★うららさん

ご無沙汰でございます。ホント、彼の演奏はパワーが漲ってますよね!ここ最近、また彼のソロ演奏のアルバムがヘビーローテーションになってます。note

サックス小僧達と話をするのが好きなんでしょうね。この時は完全に“大学のジャズ研にいる超偉大な先輩から、飲み屋で教えを乞う”の図になってました。beer

投稿: 邪頭亭 | 2009年6月21日 (日) 00時58分

★anneさん

コメント有難うございます。

サックスを学ぶ全ての人に刺激を与える演奏者って、凄いですよね?happy01

石森のソロパフォーマンスのライブも行ってみたいなと思ってますよ。happy01

投稿: 邪頭亭 | 2009年6月21日 (日) 01時01分

はじめてコメントします。
充実した貴重な時間を過ごされたようですね。

北海道に住んでいる自分にとっては
第一線のジャズに生で接することができる東京が
うらやましい限りです・・・。

こちらのブログ、またお邪魔させてもらいますね。

投稿: souljazzsax | 2009年6月23日 (火) 21時34分

★souljazzsax様

こちらへのコメント有難うございます。
今後共宜しくお願い致します。

投稿: 邪頭亭 | 2009年6月24日 (水) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いい仕事してますねぇ。 | トップページ | ビッグバンドもいいのぅ!! »