« 週末日記(6/27) | トップページ | 宴のあと…(長文です) »

夜の和みCD

夜も昼も 夜も昼も

アーティスト:浜田真理子
販売元:インディーズ・メーカー
発売日:2006/11/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

先日聴いたNHKドラマ『白洲次郎』のサントラの中に、この人が歌う『しゃれこうべと大砲』という反戦歌が入っていたのですが、この人の歌声がとても印象に残ったので、先日オリジナルアルバムを購入いたしました。note

このオリジナルアルバムは、基本的にピアノ弾き語りのスタイルなのですが、そこに大友良英プロデュースというスパイスが加わり、なかなか味わい深いアルバムに仕上がりました。tulip

女性ヴォーカリストによるピアノ弾き語りといえば、今までは、矢野顕子、大貫妙子等、声に強烈な存在感を持った人ばかり聴いてきましたが、この人の魅力と言えば、圧倒的にその「素朴さ」に他なりません。派手さや外連味(けれんみ)が一切無い歌声が、心に深く響きます。基本的にこのアルバムを聴く時間帯は、皆が寝静まった深夜12:00以降ですね。焼酎を一杯やりながら聴きたい。bottle

『風の歌』は、浜田真理子の弾き語りに五十嵐一生のトランペットが絡む内容。五十嵐さんのNils Petter Molvaerのような透明感のある音色が印象的です。note

『今日』は、ギターに中牟礼貞則、ベースに水谷浩章を従えての演奏。ホワッとした、何か緊張感を解きほぐされるような感覚に導かれます。clover

ちょっとマニアックな所だと、このアルバムのレコーディングエンジニアがZAK事、松村和幸氏。菊地成孔のQuintet Dub等でも活躍されている方です。浜田さんの歌っている環境の和やかな空気感までも録っているかのようなレコーディング具合でした。

この浜田真理子さん、公式のウェブサイトを見ると、最近の大友良英の作品群に随分参加されてるのですね。しかも、松山に在住していて普段は普通のお仕事をされているとの事。こんなに歌が巧いと、オジサン上司とかにも人気なんだろうなぁ。忘年会の芸なんか困らなさそうですよね。ご自身のライブは地元を中心に活動されているようです。次回東京に来る事があったら、是非生で聴きに行きたいものですね。notes                           

それにしても、このCDのジャケ、少しエロイですね。coldsweats01

|

« 週末日記(6/27) | トップページ | 宴のあと…(長文です) »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

HPでひととおり視聴してみましたよ

ピアノの語り弾きっていいですねー

レンタルしてみようかな。

投稿: ドラゴンパパ | 2009年7月10日 (金) 21時47分

★ドラゴンパパさん

どもども。
一応、CDを購入した時は「J-POP」のコーナーにあったので、レンタル屋にもあるかとは思うけど、無いお店もあるかもしれませんね。

投稿: 邪頭亭 | 2009年7月11日 (土) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週末日記(6/27) | トップページ | 宴のあと…(長文です) »