« 若干、ほろ苦い思い出 | トップページ | ギターの巨星堕つ… »

練習できずに鬱々…

インターミディエイト・ジャズ・コンセプション/スタディ・ガイド テナーサックス [CD付]インターミディエイト・ジャズ・コンセプション/スタディ・ガイド テナーサックス [CD付]

著者:Jim Snidero
販売元:株式会社エー・ティー・エヌ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


先々週末は嫁さんが友達のお葬式に出席のため、急遽息子と留守番をせねばならなくなり、練習が1日だけとなってしまいました。あぁ、悲すぃぃ…crying

しかも、あんまり乗り気になれず… でも3時間程練習をしました。notes

基礎練は、Jackie Mclean教則本方式のロングトーンの練習→メジャー→マイナー(ハーモニックマイナー)をやった他、久しぶりにDiminishのコード練習をしました。あと、師匠教材のマイナーⅤ-Ⅰ(ハーモニックマイナー→メロディックマイナー)の12key練習と結構ビッシリやりました。happy01

あと、何故か急に思い立って、Jim Snideroの『Easy Jazz Conception』を久しぶり練習しました。(↑のやつは、Intermediateですけど)F Bluesの『Shufflin' in F』、いいですねぇ。ブルースの美味しいフレーズやリックがたくさんあって。覚えよ… この本のデモ演奏、Eric Alexanderがやってますが、上手すぎて聴き惚れてしまいますね。リラックスしてるし、スイング感もあるし。このシリーズのソロってどの曲を聴いても、よく歌ってるソロでいいですね。間を生かすソロって、実は僕を含めたアマチュアが、なかなか上手く出来ない事の一つだと思うので、このソロの習得は凄く有効だと思いました。いつの日かアドリブとは休符も置かず、パラパラ吹くもんだと思い込んでしまってますよね。note

追伸: 先日の発表会の講評のサイトが、師匠のブログにリンクとして貼られてしまいました…coldsweats01

|

« 若干、ほろ苦い思い出 | トップページ | ギターの巨星堕つ… »

サックス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

>この本のデモ演奏、Eric Alexander...

テナーは、そうなんですよね。
アルトは、Jim Snideroさんなのですが
両方聴くと曲の解釈が違うのか吹き方がかなり違っていて
Eric Alexander音源と一緒に吹くと
全く合わずにダメでした(涙)

投稿: anne | 2009年8月24日 (月) 21時21分

★anneさん

コメント有難うございます。アルトの方はやっぱりJim Snideroが吹いてるんですね。アルト版も買いたくなってしまいそうですね…(汗)

投稿: 邪頭亭 | 2009年8月25日 (火) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若干、ほろ苦い思い出 | トップページ | ギターの巨星堕つ… »