« 先週の連休の日記 | トップページ | ライブレポート(10/30) »

週末日記(10/17・18)

こんにちは。もはや一週遅れですが、先週末の日記です。happy01

基礎練メニューは、毎度お馴染のJackie Mclean教則本。練習メニュー全部をやりました。
今まで「Augment」の項の所の練習意義が判らず、少し放っておいていたのですが、最近読んだBebopや音楽理論を解説しているウェブでどうやらAugmentは必須という事を理解して、本腰を入れて練習しました。Major Triadの5度の音を#させただけですね。note

まだまだ、これらの練習内容をスピードアップさせ、反応をもっと早くさせないといけないのですが、地道にやっていきます。coldsweats01

あと、このウェブから引用した練習なんですが、G7の箇所でどこの音から始めるかによって、使用するBebopスケールが変わってくるので、その感覚を確認するためにそれを練習致しました。「Ⅴ-Ⅰ」でBebopスケールを使う練習です。

曲練は『If I were a bell』を練習。使用している音は少ないのですが、小節に跨るメロディーがあったりと、意外と難しいテーマでした。coldsweats01

あと、何故か思いっきり基本に戻って、『Fly me to the moon』。テーマとコードトーンを譜面を見ないでどれだけ思い出せるか練習。コードトーンを転回形で復習致しました。

曲を次々に練習していく事も大事だと思いますが、一曲を徹底的に掘り下げる練習も必要なのかなと思いました。up

そういえば、昨年Joe Lovanoのクリニックに行った時に聞いたのですが「Sonny Rollinsは一曲に2時間位ソロを取るライブとかを昔やっていた」そうで(ある程度誇張はあるかとは思いますが)、それだけアイデアに満ち溢れていると仰っておられました。「アマチュアは一曲一曲を掘り下げずに、すぐに違う曲に行ってしまう。」と批判されてました。なるほど… ちなみに昔、東京Jazzだったっけな?Herbie Hancockの演奏で、『Maiden Voyage』を30分強位演奏していたライブを聴きに行った事があります。Quartetの演奏だったのですが、一人一人のソロが超長尺だったのを思い出します。さすがにあの曲調で30分は飽きました。shock

余談ですが、土曜日の朝息子を自転車に乗せ、家の近所にある、都内でも大きい種類に入る公園に遊びに行きました。その公園、野外楽器練習者も結構いたりするのですが、この日テナー吹きの人を発見。『ゴッドファーザー愛のテーマ』を練習されてました。あのメロディーって、妙にテナーの音域に合いますよね。最近あのメロディが頭の中をループしております。notes

上は珍しい映像、Buddy Richによる『If I were a bell』です。bell 恐らく、アンサンブルの曲の合間のTrioの演奏なんでしょうけど、ビッグバンドの激しい曲だけでなく、しっとりとしたスタンダードの巧さも光りますね。notes

|

« 先週の連休の日記 | トップページ | ライブレポート(10/30) »

サックス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

>Augmentは必須...
>G7の箇所でどこの音から始めるかによって
>使用するBebopスケールが変わってくるので...

私には遥か先の課題なので
いま一つ(も二つも)ピンと来ていませんが
とても参考になる事で、ありがとうございます。

>...一曲に2時間位ソロを取るライブ

楽屋に入っても、まだ吹き足らず?吹いていた、
と言うお話も聞きます。(笑)

投稿: anne | 2009年10月26日 (月) 19時14分

★anneさん

コメント有難うございますね。
Sonny Rollinsのライブは今まで二度観に行ってますが、どのライブも他のメンバーをぶっちぎって、自分のソロに没頭しておりました。

アイデアが溢れ出てきちゃって、しょうがないんでしょうね。

いやー!そんな音楽的センスになってみたい…

投稿: 邪頭亭 | 2009年10月27日 (火) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先週の連休の日記 | トップページ | ライブレポート(10/30) »