« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

週末日記(10/17・18)

こんにちは。もはや一週遅れですが、先週末の日記です。happy01

基礎練メニューは、毎度お馴染のJackie Mclean教則本。練習メニュー全部をやりました。
今まで「Augment」の項の所の練習意義が判らず、少し放っておいていたのですが、最近読んだBebopや音楽理論を解説しているウェブでどうやらAugmentは必須という事を理解して、本腰を入れて練習しました。Major Triadの5度の音を#させただけですね。note

まだまだ、これらの練習内容をスピードアップさせ、反応をもっと早くさせないといけないのですが、地道にやっていきます。coldsweats01

あと、このウェブから引用した練習なんですが、G7の箇所でどこの音から始めるかによって、使用するBebopスケールが変わってくるので、その感覚を確認するためにそれを練習致しました。「Ⅴ-Ⅰ」でBebopスケールを使う練習です。

曲練は『If I were a bell』を練習。使用している音は少ないのですが、小節に跨るメロディーがあったりと、意外と難しいテーマでした。coldsweats01

あと、何故か思いっきり基本に戻って、『Fly me to the moon』。テーマとコードトーンを譜面を見ないでどれだけ思い出せるか練習。コードトーンを転回形で復習致しました。

曲を次々に練習していく事も大事だと思いますが、一曲を徹底的に掘り下げる練習も必要なのかなと思いました。up

そういえば、昨年Joe Lovanoのクリニックに行った時に聞いたのですが「Sonny Rollinsは一曲に2時間位ソロを取るライブとかを昔やっていた」そうで(ある程度誇張はあるかとは思いますが)、それだけアイデアに満ち溢れていると仰っておられました。「アマチュアは一曲一曲を掘り下げずに、すぐに違う曲に行ってしまう。」と批判されてました。なるほど… ちなみに昔、東京Jazzだったっけな?Herbie Hancockの演奏で、『Maiden Voyage』を30分強位演奏していたライブを聴きに行った事があります。Quartetの演奏だったのですが、一人一人のソロが超長尺だったのを思い出します。さすがにあの曲調で30分は飽きました。shock

余談ですが、土曜日の朝息子を自転車に乗せ、家の近所にある、都内でも大きい種類に入る公園に遊びに行きました。その公園、野外楽器練習者も結構いたりするのですが、この日テナー吹きの人を発見。『ゴッドファーザー愛のテーマ』を練習されてました。あのメロディーって、妙にテナーの音域に合いますよね。最近あのメロディが頭の中をループしております。notes

上は珍しい映像、Buddy Richによる『If I were a bell』です。bell 恐らく、アンサンブルの曲の合間のTrioの演奏なんでしょうけど、ビッグバンドの激しい曲だけでなく、しっとりとしたスタンダードの巧さも光りますね。notes

| | コメント (2)

先週の連休の日記

Coltrane Time Coltrane Time

アーティスト:John Coltrane
販売元:United Artists
発売日:1993/01/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

先週の連休の日記です。
先日とある「スタンダード研究会」を発見してしまいまして、担当の方に連絡を取り、早速土曜日に参加しに行きました。up

商店街の中に普通にある小さいライブハウスに10数人程(?)集まり、ピアニストSさんの講義を受けるという会でした。この日の課題曲は『Just Friends』と『Walkin'』(F Blues)。notes

『Just Friends』は一週間前にテーマを移動ドで覚えていきましたが、全部覚えきれてなくて、細かい音使いの所でミスったりしてしまいました。『Walkin'』はテーマが意外と難しい… セッションじゃなかなか演らない曲なので、勉強になりましたね。happy01

この「スタンダード研究会」、参加者の方が全体的にリラックスした感じで演られてて、雰囲気がとても良かったですね。月一の会みたいなので、また来月も参加しようと思ってます。

日曜日は師匠のレッスンでした。レッスン中、ほとんど、移動ドとドミソの色んな組み合わせの音あわせクイズでした。師匠が出した音(任意のドレミの組み合わせ)と全く同じように、後から吹いて当てるという練習です。少し昔は正答率が全然低かったのですが、だいぶ慣れてきたようで、随分正答率が上がったような気がしました。happy01happy01happy01

【上写真】 “Just Friends”を改めて聴くために購入しました。テナーの人の“Just Friends”って、意外とあまりないんですね。

Coltraneのこのアルバムに収録されています。他メンバーは、Kenny Dorham(tp)、Chuck Isreals(b)、あと何と!Cecil Taylor(p)!!スタンダードナンバーのキレ具合は凄いです。このテンションは何度??って感じ。

| | コメント (2)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »