« 週末日記(10/17・18) | トップページ | ライブレポート(11/6) »

ライブレポート(10/30)

サックス&ブラス・マガジン 超絶テナー・サックス ザ・スコア (CD付き) サックス&ブラス・マガジン 超絶テナー・サックス ザ・スコア (CD付き)

著者:佐藤 達哉
販売元:リットーミュージック
Amazon.co.jpで詳細を確認する

久しぶりにライブレポートです。ついに念願の春日町Lady Dayに行く事ができました。今まで近くて遠い所にあったこのお店。9月に引越しをしてから、一気に行き易くなりました。ご近所にこういうお店があるのは嬉しい限りです。happy01

メンバー: 佐藤達哉(ts,ss)、平田フミト(p)、八月薫子(vo)

この日はスタンダード中心に2ステージの演奏でございました。各々前半にサックス+ピアノのDuoでの演奏。後半に3~4曲程、お店の方である八月薫子(vo)が参加されてTrioになります。notes

まず、佐藤さんは「アメセル使い」という印象が強烈だったのですが、テナーが銀色…ライブの後に聞いてみたら、ご自身もプロモーションされているCadesonを使ってらっしゃいました。Cadesonの最高機種だそうです。ソプラノもアンラッカーのCadesonでしたね。 <マウスピースは以前ウェブサイトで見た事があるのですが、恐らく○堀サックス研究所さんのカスタムメイドのメタルのマッピじゃなかろうかと。note

音はクラシックの音のような綺麗で突き抜けるような音色。しかも、サブトーンを効かしてもJazzyな音もいい。実に佐藤さんのプレイスタイルに合ったセッティングだなぁと思いました。fuji

結構お酒を飲んでしまったので、曲名及び曲順などは超ウロ覚えでございますが。印象に残った曲をいくつか挙げます。

“Triste(Jobim)”、“On the green dolphin Street”、“Bye bye blackbird”
、“Just in time”、“Left Alone“、“The days of wine and roses”、“Heaven(Duke Ellington)”、“Bud Powell”(Chick Corea)、“In your own sweet way”(Dave Brubeck)等々…

佐藤さんはやはりコンテンポラリー向けの曲で威力を発揮しそうな感じでしたね。“On the green dolphin~”や“Triste”、“Bud Powell”等はフラジオ出しまくりの圧倒的な演奏でございましたが、“Heaven”や“Left Alone”などのバラードも素晴らしい。確か両方共倍テンでソロをとってらっしゃいましたが、凄すぎました。coldsweats02

…かと言いつつ、“blackbird”や“酒バラ”等のスタンダードナンバーも素晴らしい。tulip

ピアノのお相手が平田フミトさんという、東京マンボパノラマボーイズにもいら
っしゃった方だそうなのですが、ラテンナンバーはもちろんの事、スタンダードやブルースナンバーも強烈なグルーブ感をお持ちでした。
ピアノタッチは完全にバッパーでしたね。“Bud Powell”の時なんかは正にBud Powellが乗り移っているかのようでした。

各々のステージで後半に参加の八月薫子さんはとても品のある声質で“Just in time”、“酒バラ”を聴かせていただきました。karaoke

ライブ後、お店の方や常連さん、佐藤さんを初めミュージシャンの方とお話する
事ができ、本当に色々な話をする事ができました。ハッキリ言ってブログには公開できないようなお話も色々聞く事が出来ました。coldsweats01

皆さん承知の通り、佐藤さんは大のMichael Brecker好きのミュージシャンとしても有名。ニューヨークで行われた彼のお葬式にも参列されたようです。その時の模様を話してくれたのですが、凄い事が行われていたようです…!!(とてもブログには書けませぬ…)

あと、佐藤さんのご子息とMichael Brecker氏が一緒に映っているお写真とか見せて貰ったりしちゃいました。Michaelのその表情がいい事!lovely

僕は10年前位にMichael Breckerがブルーノート東京にQuartetで来た時に観に行ったのですが、その時アンコールで『枯葉』をやったんですよ。佐藤さんにその話をしたら、佐藤さんもそのライブを当然観に行っていたらしく、「あぁ、あれはピアノのJoey Calderazzoのアレンジでしょ?」と覚えていらっしゃいました。さすがですっ!!

久しぶりのライブにも関わらず、超贅沢な時間を過ごす事が出来ました~!

そういえば、佐藤さんにもお聞きしたのですが、今月末リットーミュージックの「超絶シリーズ」(上の写真)で佐藤さんの教則本が出版されるみたいですね?また、制覇できない教則本が積読される可能性が…恐らく購入してしまうでしょう。coldsweats01

|

« 週末日記(10/17・18) | トップページ | ライブレポート(11/6) »

ライブ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

さすがは邪頭亭さん、充実のレポですね。
読み応えあります。
このお店全く知らなかったです。お近くなのですね。
てことは、ウチからも近いはずですね。

佐藤さんについては、ジャズファン先輩の大姉御たちから
聞いております。そうですか、ブレッカー大好きなんですか。
ミューージシャンが入れ込んでいるミュージシャンを知ると
ナットクすることもありますねー。

「超絶…」シリーズ、トランペットは岡崎好朗さんですね。

投稿: うらら | 2009年11月 4日 (水) 21時45分

佐藤達哉さん…カドソンもいくつかお持ちみたい?ですっかりおなじみですね。正直なところ達哉さんやブレッカーはパワーに圧倒されてしまうのですが、今回のようなセッティングであらためて聴いてみたい気がします。

オフレコ話が色々多かったみたいで気になります♪

投稿: 白熊堂 | 2009年11月 5日 (木) 01時26分

★うららさん

こんにちは。
あれ?近いんですか?このお店?
僕の所は本当にここから自転車で10分位です。

ライブが無い時(バータイム)でも、ちょくちょく行ってしまいそうです。

>充実のレポート

いやいや… オフレコ話が出来たらもっとですよ。(笑)
いつかお会いする時にでもお話しましょう。

投稿: 邪頭亭 | 2009年11月 5日 (木) 09時45分

★白熊堂さん

こんにちは。ご無沙汰しております。
2008年にリリースしたアルバムで、ギターの高内春彦さんとのDuoで演奏した『My Nocturne』を先日購入して聴いてみたのですが、凄く良かったですよ。(後程アルバム紹介します)

佐藤さんは他のアルバムも持ってて、しかもサイドで参加されているライブにも行ったりと、昔はしていたのですが、僕も正直、圧倒されただけで、少し避けてた感がありました。

…が、このライブと先日買ったCDで、見方がガラリと変わりました。
圧倒的な演奏には変わりないのですが、洗練さが備わった感じでした。(凄い生意気コメント(笑))

来年の一月に同じ場所で高内さんとライブを演られるそうですよ。
僕は行こうと思っているのですが、今から楽しみにしております。

投稿: 邪頭亭 | 2009年11月 5日 (木) 09時51分

春日町Lady Dayに出入りしているサックスの年配男性を知っています。
そのうち、邪頭亭さんも遭遇しちゃうかもしれませんね。

あのお店、外からしか見たことがないけど、こじんまりしていて、いいお店っぽいですよね。

投稿: ハイカラさん | 2009年11月 5日 (木) 23時15分

★ハイカラさん

ども。そんな年配男性がいるんだねぇ。
ところで、佐藤さんにMさんの事を聞いたら、よく知ってたよ。

今度ライブに行く時一緒に行く?(ハイカラさんの家からだと遠いよねぇ?)

月末はセッションもやってるそうだね。(しかも、プロの人がシレっと参加するらしい…(汗))

投稿: 邪頭亭 | 2009年11月 6日 (金) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週末日記(10/17・18) | トップページ | ライブレポート(11/6) »