« 2010年吹き始め | トップページ | ブラボー!Bebop! »

週末の日記(1/9・10・11)

土日の練習・活動日記です。

土曜日はセッション練習に行きました。今回は久しぶりにF Bluesを集中したのと、『枯葉』をやりました。『枯葉』はテンポを速めたり、遅くしたり色々練習しました。やっぱ、テンポが早いと辛いですね…coldsweats01

F Bluesは、1.Fの音だけ 2.FとCの音だけ 3.FとAとCの音だけ…と音を一つずつ増やしていって、リズムは各自のセンスでと言う事でアドリブをしました。

これが結構難しくも面白い練習なんですよね。リックなどに凝り固まった頭にはもってこいの練習でございます。それにしても、参加者全員それぞれが違うセンスなのは面白かったです。耳が良くなりそうな練習ですね。happy01


日曜日は今年初めての師匠のレッスン。

久しぶりに音色についての指摘がありました。ピッチベンドをしながらロングトーンの練習。ピッチベンドをしながら、マウスピースを唇に対して少し圧力を加えると、あら不思議。音色が凄く良くなりました。自分が気づかない所で、マッピを噛んでしまっているのですね。

ソルフェージュと『Love me tender』のテーマをany keyで練習した他、『All of me』を練習。『All of me』はテーマとコードの関係を深く理解する為にkeyをCにして覚える必要性とコードを番号で覚える必要性を思い知らされました。

当たり前の話ですが、テーマとコードとの関係はとても深い。ふと見ると、その曲のテーマがそのコードのただの分散和音だったりする事があるので、驚きです。簡単な曲を深堀りしていく練習は本当に必要ですね…sign03


あと、土日で二店舗程楽器屋巡りをし、冷やかしで試奏しに行ってきました。一店舗目の大久保にある○ACでは、Keilberthのブラックニッケルのモデルと、Connの10M。Connはやっぱ音がいい。ジャズらしい雑味もあって、とても奥深い物があります。この日は未調整の楽器を吹いたのですが、Low BとB♭のキーが硬過ぎる…
小指で押せませんでした。お店の人に聞くと、Connは元々、この辺のキーが重いんだそうですね。

Keilberthのブラックニッケルは、今まで師匠のを試奏させてもらったりしましたが、Connと吹き較べると圧倒的に新しい音がしますね。でも、暖かみがあるというか。Connに較べたら、操作性は圧倒的にいいです。shine

二店舗目の渋谷○indbrosでは、Cadesonのシルバーサテンを試奏。以前、佐藤達哉さんのライブを観に行った時に、佐藤さんが吹かれておりました。

シルバー物は実は生まれて初めて吹きます。シルバーサテンなので、地味目な音色のイメージを持っていましたが、全然違いました。透明感があり、艶っぽい音が致しました
。音の抜けも凄くいい!!しかも、操作性が良すぎでした。Made in Japanなので、日本人の身体に一番フィットしてますね。この日は時間が限られていたので、少ししか試奏できませんでしたが、これは凄いっ!操作性に関しては、SelmerのMarkⅥと変わらないと言っている方もいらっしゃるみたいですね。それに、なんと言ってもコストパフォーマンスがいいですね。up

最後に、本家Elvis Presleyによる『Love me tender』です。寒い寒い夜に暖かい歌声をどうぞ。ジャズだろうと何だろうと、歌心は大切ですね。spa

|

« 2010年吹き始め | トップページ | ブラボー!Bebop! »

サックス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。内容の濃い記事でどこにコメントして良いか、って感じです。

邪頭亭さんみたいに基礎があると、間を埋めていくレッスンになるんですね。コード再認識も面白いです。クラッシック曲でもメロディが先に浮かんできますがやはりコードの存在はありますし。

楽器も…本当に色々ありますね。白熊堂も知り合いからテナーのヴィンテージを預かっているのですが怖くてあまり吹けません。でも手に持った感じがすごく良いんですよね。今どきの楽器はちょっと平面的?

カドソンって日本製だったんですね。シルバーサテン、すてきでしょうね♪

投稿: 白熊堂 | 2010年1月14日 (木) 20時18分

こんにちは♪

>簡単な曲を深堀りしていく練習は本当に必要ですね…

"All of Me"は自分もレッスンでやったことがあります。
確かに、平易に見えますが、研究すると発見がありそうですね。
復習します(^^;) コードを番号で、というのは最近始めましたが
未だにピンと来てないです。道は長いな〜。

一音ずつのアドリブ練習、まさながさんの所でそれらしき音源を聴いて、これかな、と思いました。ソロを考える以前の個人練習で、習慣にしたいです。

本日石森に行くので、リードとリガチャを購入してしまいそうです。(^^;)

投稿: うらら | 2010年1月16日 (土) 12時13分

★白熊堂さん

コメントしづらい所、コメントありがとうございますね。(笑)

ヴィンテージを預かっているとの事ですが、何を預かってるんです?

カドソンは台湾で作らせて、あとの微調整を日本でやらせてるみたいですね。最近の新興系のサックスメーカーはみんな台湾で作らせてますね。

中国本土で作らせてる、○望峰というブランドも聞いた事がありますが、凄く安かったですよ。

投稿: 邪頭亭 | 2010年1月16日 (土) 17時46分

★うららさん

コメントありがとうございますね。
スタンダードって、本当に奥が深いと思いましたね。

アマチュアでバンドを組んでいると、すぐに次の曲次の曲、
(しかも難易度の高い曲)と行きがちなのですが、じっくりと取り組んで行けば行く程、新しい発見があります…

石森では何か買われました?

投稿: 邪頭亭 | 2010年1月16日 (土) 17時49分

はじめまして
なかなか内容が充実した感じですね。
ジャズは 聴くのはいいんだけど 実際に吹くとなると 奥が深くて なかなか自分の物になりませんよね。

昨年の記事を読みましたが Y’s Oneのリガチャー使われているんですか?
なかなかいいですよね。
私もブリのHRに付けていますが マッチングがいいようです。

また遊びにきま~す

投稿: rutiler | 2010年1月18日 (月) 17時41分

★rutilerさん

コメント有難うございます。今後共宜しくお願い致します。

実は昨年末にY's oneのリガチャーを購入致しました。おかげで
ふくよかな音が鳴るようになりました。

しかも、サムフックもY's oneだったりします。同じ売場に置いてあった、○森サムフックは鳴り過ぎるきらいがあったので、Y's oneを選びました。

投稿: 邪頭亭 | 2010年1月19日 (火) 00時00分

はじめまして、JA22と申します。
JAZZが大好きで音楽を捨てきれず20年ほどのブランクがありましたが、昨年ヤフオクでCONN 16M(1970製)を落札購入しタンポ全交換・調整等のメンテ後、多摩川等で一人で吹いて楽しんでいます。MPはセルマーS90 → オットリンク6 → オットリンク8へ、リードはバンドレンJAVA・V16・ZZ等後、音色が好きなことと師とするソニー・ロリンズが使用しするRICO ラボーズMED に落ち着きました。アマチュアですから操作性より音色が好きな CONN としたのですが、RICO ラボーズとバンドレンを比較すると低い音が出ににく裏返ることがあり、MPを思考中です。

投稿: JA22 | 2010年1月19日 (火) 21時32分

★JA22さん

こんにちは。
コメント有難うございます。返信が遅れてしまいまして、
申し訳ありません。ヤフオクでCONNを購入されたのですね!
いいですねー!

マウスピースとリードの悩みはサックスを続けている以上、
ずっと続くようですね… サックスは金がかかる…(汗)

投稿: 邪頭亭 | 2010年1月25日 (月) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010年吹き始め | トップページ | ブラボー!Bebop! »