« 束の間の独身生活①(2/13) | トップページ | 壮絶なシーツオブサウンズ »

束の間の独身生活②(2/14)

日曜日は早朝に4時間程サックスの練習した後、ブログ仲間anneさんが出演のライブを観に、江古田Buddyに行きました。前々からこのライブハウスの存在は知っていたのですが、なかなか行く機会がありませんでした。

今回は前半・後半と2バンドによるライブでした。anneさんは前半のバンドに出演されてましたが、ソウル、ファンク系の曲を中心に演奏されてました。note

Chaka Kahnの“WhaCha gonna do for me?”やCandy Dulferの“Pick up the pieces”、Marvin Gayeの“What's going on?”、Stevie Wonderの“Don't you worry about a thing?、”Sly & the family stone、の曲まで演奏されてました。ツインヴォーカルに、ハーモニカ(兼ヴォーカル)+キーボード+ツインギター+ベース+ドラム+パーカッション、サックス勢が4人(何曲かもう+1本という編成がありました)と、まぁ豪華なメンバー構成でした。サウンドも豪華でした。あんなに大人数、よく集まって練習できるなぁ… と羨ましく思いましたね。happy01

anneさんは緊張されてた感もありましたが、堂々とソロを披露されてました。いいなぁ、美味しいパートで…と思いながら見ておりました。note

後半の方はダンサーが5人も登場… この方々のコスチュームがエロい。sexyというか、エロい…(分かるかなぁ?このニュアンス?)おぢさんは目がテンになってしまいましたよ。(笑)まるで、渋さ知ラズのような豪華さでございました。wobbly

いつも、アドリブをどうしようか…と最近セッションで頭でっかちに色々考えてばかりだったので、こういうバンドはいいなぁと。でも、ソウル・ファンク系のバンドに参加するとしたら、今の自分の楽器のセッティングじゃ、ちと迫力不足かも。ファンクバンド用にデュコフのメタル+プラスティカバーのリードの組み合わせでも揃えちゃおうかな…sign02


後半のバンドは「80年代のAORを中心に…」とパンフに書いてあったので、もしやと…と思いましたが、やはりBoz ScaggsやTOTOの曲を中心に演奏されてました…リズム隊が妙に上手かったのですが。個人的にはドラムの方の重量感のあるスネアとか良かったと思いました。ギターの方はやはりSteve Lukather風でした… Lukatherは随分前に東京ビッグサイトで行われた東京JAZZで前半のトリにTOTOが出てきたのを聴いた事がありました。あまりにも緩急がない大味なギターソロのせいで、疲労困憊してしまった過去があったもので… スンマセン、あんまりコメントしません…sweat02

大勢の人を集めてのライブというのは暫くやっていないので、久しぶりにいい刺激になりました。up

↑の映像、Sing Like Talkingの佐藤竹善さんによる“WhaCha gonna do for me?”です。この曲が収録されているアルバムを持っているのですが、いいアルバムなんですよね~!この映像では音が少し割れてますけど、皆様どうぞお聴きあれ。

追伸: 実はこの日、我がサックス教室の発表会の日でもありました。今回は会場が遠くの方へ急遽変わってしまったのと、ヴァレンタインデーで発表会後の打ち上げとか行ってしまうと嫁さんにさすがに悪いなぁと思ったのもあったので、今回は辞退致しました。今夏の発表会はしっかり準備して臨みたいですね。happy01

|

« 束の間の独身生活①(2/13) | トップページ | 壮絶なシーツオブサウンズ »

サックス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
独身生活 いいですねぇ~

前の記事にも書かれていましたが セッション練習会というのは どんなのですか?
たんにライブハウスが企画するセッションDAYに参加されているのですか?

私は師に ヘタなうちは参加したらダメと釘をさされていまして なかなかデビューできません。

セッションいいですね~

投稿: rutiler | 2010年2月17日 (水) 22時25分

★rutilerさん

こんにちは。コメント有難うございます。
セッション練習会ですが、アマチュアプロみたいな方が一人いらっしゃって、その方がセッションの進め方とか、アドリブの理論的な内容を解説しながら、実践していく会なんですよ。いわゆる、お店のジャムセッションとは違いますね。

rutilerさんの所の師匠さんは厳しいですね。
僕は一人でストイックに個人練習してしまいがちになるのですが、それはそれで飽きが来てしまうので、月1~2回位の頻度でこういうのに参加しています。

投稿: 邪頭亭 | 2010年2月18日 (木) 09時27分

こんにちは♪

先日は、どうもありがとうございました!!!
あのような私でも(堂々と、、には程遠いです 汗)
”経験”を許してくれるメンバーさんに恵まれていて
感謝しています。

セットリスト、よく覚えてらっしゃいますね!
(曲名を良くご存知ですね!)
私は練習に入った時、Pick up...以外知らなかったんですよ。
まぁそれも極端な事なんですが。(知らないにも程って物が 汗)

>アドリブをどうしようか...頭でっかちに色々考えてばかり

私も、レッスンでコードやら、なんやらを色々習いだしたら
考えが先に立ってしまって煮詰まり深い闇に~と、
なってしまうのですが、バンドで練習させて貰っていると
違う風が心を通り
とても良いバランスになったりリセットされたりします。

それにしても、、もう少し、いやもっと上達せねばです(汗)
重ねて、お礼申し上げます。
貴重な休日足を運んで下さりありがとうございました。

投稿: anne | 2010年2月18日 (木) 17時20分

★anneさん

コメントありがとうございます。
先日はお疲れ様でした。偉そうな事いいますけど、やっぱり場数ですよ~♪僕も相当足りてないですけど。sweat02

昔、自分のビッグバンドのライブの時、無謀にも二人でテナーバトルをやったのですが、バトル相手はフラジオとかバリバリ出来る人だったんですよ。

でも、個人的には、彼はペンタトニック系を上下するばかりで、フレーズが甘いなぁと生意気にも思ってたりしてたので、「じゃ、こっちはフラジオはできないけど、コード感が聞こえるフレーズをやろう」と思って、フレーズをガッチガチに覚えていったんですよ。

結構他のメンバーやお客さんにはそっちの方のプレイが受けてたりしてたので、こりゃますます、色々試し甲斐があるなと。

アドリブは奥が深いですね…

投稿: 邪頭亭 | 2010年2月18日 (木) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 束の間の独身生活①(2/13) | トップページ | 壮絶なシーツオブサウンズ »