« こりゃ面白い! | トップページ | はぁ… »

戻ってきました。

最近、久しぶりにジャズのオーケストラの練習に参加しました。
先日ネットサーフィンをしていたら偶然見つけてしまいました。しかも、会社の近くで練習されておりました。オケの練習に参加したのは、前のビッグバンドを辞めてからほぼ2年ぶり。久しぶりに譜面と睨めっこしましたよ。wobbly

参加したのは月一回有楽町でサックス奏者 田野城寿男さんが指導しているバンドで、「丸の内クロスオーバーオーケストラ」というバンドです。今年の3月に結成一周年記念ライブを赤坂B♭でやられてたみたいですね。田野城さんは、なんと渡米されてDave Liebman氏やGeorge Russell氏に師事された方だそうですね…note

「クロスオーバー」という名前が表しているかのように、練習している曲はジャズはもちろん、ロックやソウルのビッグバンドアレンジの曲もあるようです。参加しているメンバーも凄い…サックス各種、トランペット、リズム隊がいる他、クラリネット、フルート、ヴァイオリンまで参加されております。フルバンドにヴァイオリンが入ると、インパクトがありますね。他の管の音とは異質な音が飛んでくるというか。実にこのバンドは楽器のmelting potという感じですね。(ビッグバンドにヴァイオリンといえば、渋さ…を彷彿しますね。happy01)

この日練習する予定の譜面を渡されて、すぐに練習を致しました。久しぶりに初見大会~!Benny Golsonの“Killer Joe”に始まり、Art Blakeyの“Moanin'”、“A Nightingale Sang In Berkeley Square”等を練習致しました。譜面づらは割ととっつき易い曲ばかりでした。でも、シンプルな譜割りをキッチリと美しく吹くというのは、意外と難しいのかな?とも思いました。up

暫くアドリブの勉強をしていたので、渡された譜面を見る時の目が少し変わりましたかね。
書きソロとか副旋律を見ると、ついついコード上の何度を吹いてるのかとか分析しちゃったりとか。

2年前迄に在籍していたバンドでは、とにかく譜面をこなす数がたくさんありすぎて(しかも難曲も多かったりで)、アドリブの勉強にエネルギーが割けず、全く余裕がありませんでした。

練習後は先生も一緒に練習場所近くの居酒屋へ行きまして、練習後の飲み会も楽しんでしまいました。サックス勢の人達とサックス談義に花を咲かせました。happy01

今の自分のサックスの練習ペースに調度無理なく合って、楽しめそうな感じなので、今後も参加しようかなと思っております。fuji

丸の内クロスオーバーオーケストラ URL:http://marucrossover.jimdo.com/

|

« こりゃ面白い! | トップページ | はぁ… »

サックス」カテゴリの記事

コメント

邪頭亭さんのお力にふさわしいハイレベルなバンド、見つかったかも? ヴァイオリンが入るだけでどうしてあんなに深みが出るんでしょうね。これからのご活動期待してます♪ 白熊堂が入ってるBBのレッスンも同じ会場です(笑)

投稿: 白熊堂 | 2010年5月25日 (火) 00時57分

★白熊堂さん

おぉ、同じ会場でしたか!
それはひょっとして、日曜日かなんかでやってる教室ですよね?そちらはどんな感じなのでしょう?

投稿: 邪頭亭 | 2010年5月25日 (火) 11時38分

自分に会いそうなバンドが見つかって良かったですね。
ビックバンド、もう、記憶の彼方だなぁ、私。w

投稿: くるりん | 2010年5月31日 (月) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こりゃ面白い! | トップページ | はぁ… »