« はぁ… | トップページ | 深いぃ音 »

Simple is best.

テナーサックス ザジャズ道 CD付 アドリブの極意 テナーサックス ザジャズ道 CD付 アドリブの極意

著者:池田 篤
販売元:ヤマハミュージックメディア
Amazon.co.jpで詳細を確認する

久しぶりに練習のアップでございます。note
最近↑の教則本を手に入れまして、練習に取り入れております。この本の中で説明されている内容はとってもシンプル。でも、そのシンプルな内容にアドリブの無限の可能性を感じざるを得ない内容です。Simple is bestsign03

いつものストラップ無しロングトーン→Jackie McleanのExcercise→師匠のⅡ-Ⅴ、Melodic minorの練習の後、“All the things you are”を練習致しました。

この“All the things~”、キーが目まぐるしく変わる曲で有名ですが、キーが変わる毎に移動ドで覚えると、あらビックリ。大抵、同じメロディでキーが変わっているだけだという事が判ります。昔一度テーマは覚えた事があるのですが、覚えこんでいなかったので、今回はこの方法で覚えなおしです。

テーマを覚えた後、この教則本に書いてあるようにコードをメジャー・ドミナントを「1235」で、マイナー系を「1345」で覚えこみました。展開形も出来るようにしないと…sweat02 

この教則本の池田さんの模範演奏を聴くと、これまた驚いてしまうのですが、「1235」とその展開形、少しクロマチックで繋げるだけで、こんなにジャズらしいアドリブができるのが分かります。「あぁ、アドリブって難しくないんだ」とすら思えてしまいます。このシンプルな素材でどう料理するかがミソなんでしょうけどね。happy01

|

« はぁ… | トップページ | 深いぃ音 »

サックス」カテゴリの記事

コメント

テトラコードについては、かなり前からやっているし、練習はしているんですが、実際の演奏で自然に生かすとなると、また遠い道のりですよね。

以前、何の曲だったか、○7thが、キーを変えて連続で出てくる曲があって、テトラコードを使って考えると、割と楽が出来るんだなぁと。

テトラコードの展開系が終わったら、ペンタが待ってるし、コンディミのパターンも、難しくて消化できません。m9(^Д^)プギャー

投稿: くるりん☆もち | 2010年7月 4日 (日) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はぁ… | トップページ | 深いぃ音 »